「カット展開図」

 スタンダード

日本基準

建築に設計図があるように、ヘアスタイルにもベースとなるカット展開図が必要です。展開図を描けると、①お客さまの希望のスタイルの構造と切り方の手順を思い浮かべることができる ②精度の高いカットを短時間で合理的に行うことができる ③カルテなどに記録できる ④カット練習と連動させると、よりカットへの理解が深まる、という大きなメリットがあります。ところが今までの美容業界には「これが基準」というはっきりしたスタンダードがありませんでした。そこで基準をつくって勉強しやすくしたのがこの本です。

 

■2010年3月3日発売
 

■井上和英(Fiber Zoom) 
 岡村享央(MINX) 
 高澤光彦(PEEK-A-BOO)共著
■A4変型判
■128ページ
■本体価格4,000円+税

■特別付録/展開図を描くのに便利な髪書房特製オリジナルヘッドシート

 


CONTENTS

展開図の印刷はこちらから↓

展開図(男性用)

展開図(女性用)

 

おすすめPOINT1

おすすめPOINT2

ヘアスタイルの大まかな全体像(構造)がわかる「構造図」の描き方を提案しています。イヤツーイヤ上と正中線上のパネルをオンベースで引き出した

おすすめPOINT3

PART1  カット展開図、なぜ必要?

PART2  カット展開図の基本と描き方

PART3  ベーシックスタイルで学ぶカット展開図

PART4  縦スライス系カットの応用

PART5  横スライス系カットの応用

PART6  実際にカット展開図を描いてみよう

 


株式会社 髪書房 〒107-0062 東京都港区南青山2-12-15サイトービル8F

TEL/03-5414-6351(代表) 03-5414-6352(販売部) 03-5414-6350(編集部)


COPYRIGHT(C)2012 KAMISHOBO Co.,ltd