KAMISHOBO
KAMISHOBO

Kamishobo Webzine

手づくりアクセサリーとヘアアレンジが強み!
特技を活かしてお客との絆を深める注目美容師に聞いてみた

インタビュー

2017.06.29.Thu

IMG_4130

渡邊なつき/UMiTOS スタイリスト2年目

 

 渡邊なつき(UMiTOS)さんは、ドライフラワーやビーズやパールを使ったヘアアクセサリーとアレンジが「かわいい」と、Instagramで話題を集める注目の若手美容師。成人式や卒業式のアレンジで予約したお客さまに、自作のアクセサリーをプレゼントしています。プレゼントしたアクセサリーが話題を呼び、お客さまを紹介してもらえることも増えたそう。一見、美容技術とは関係のなさそうな特技を持つことで、お客さまとの絆づくりに役立てています。

 今回は、渡邊なつきさんに、その活動内容やメリットについて教えていただきました。

 


 

始めたきっかけは、自分の個性を主張するため

続ける理由は、お客さまを笑顔にするため

 

 手づくりアクセサリーをお客さまへプレゼントするようになった

きっかけを教えてください

 

 子供のころから、他の人と同じファッションがあまり好きじゃなかったんです。

手づくりなら誰ともカブらない! と思い、最初は自分が楽しむためにアクセサリーづくりを始めました。

 Instagramでアクセサリーを使ったアレンジ写真をアップすると、見てくださった方から「そのアクセサリー、どこで買ったんですか?」とコメントをいただき、手づくりであることをお伝えしたらすごく驚かれていました。その方がお客さまとして来店した際にプレゼントしたのが始まりですね。このときは本当に嬉しかったですし、自信にもつながりました! そこから、成人式や卒業式のセットアップの際に手づくりのアクセサリーをプレゼントするようになりました。

 

 今では、アレンジの予約で来店されたお客さまがリピーターになったり、お母さまやお友達もご紹介していただいています。Instagramを見て予約していただくお客さまが増えて、本当にありがたいです。

 

BeFunky Collage

 

アクセサリー制作で培った

2つのスキル

 

 アクセサリーを手づくりし、

お客さまへプレゼントすることのメリットはどんなことですか?

 

 Instagramを見た方が、お客さまとして来店されたこと、さらに、そのお客さまがリピーターとなり、お友達をご紹介いただけたことが、一番嬉しかったです。自分のセンスをお客さまに認めていただけるのは、美容師としてとても喜ばしいことです。

 また、リピーターが増えたことのほかに2つのスキルが高まったと実感しています。

 

スキル1.

カウンセリング力が鍛えられ

お客さまの「したい」の一歩先をゆく提案が支持される

 

 成人式や卒業式は、お客さまにとって特別な一日。

最高の気分で過ごしていただくために、お客さまのご希望を聞くことはもちろんですが、さらにサプライズの要素を盛り込みます。

 

 例えば、専門学校の卒業式のために来店されたお客さまに、全体を白っぽい色調でまとめたシンプルな装いの中に、着物の柄や帯をアクセントにした和服姿の方がいらっしゃいました。お客さまは、ドライフラワーを使った大人っぽいアクセサリーをご希望でした。

 

 ただ、お着物の色を考えると、ドライフラワーを用いたアクセサリーでは、シンプルすぎる仕上がりになってしまう。そう思い、アクセサリーは正面から見たときにちらっと見えるくらいの横幅の広いフォルムにしました。

こうすることで、正面からのフォルムにメリハリが生まれて、どの方向からみてもヘアスタイルが魅力的に見えます。また、ドライな質感のアクセサリーとは対照的にヘアにはつや感を与え、フィンガーウエーブ風のスタイリングで個性をプラス。

 お客さまも、お着物に詳しいお母さまも気に入っていただけたのでほっとしました。(笑)

 

BeFunky Collage1

 

スキル2.

集中力と技術力を強化

2時間制度”が私のルール

 

 毎日、サロンワーク後の練習に時間を割くと、決して時間に余裕があるわけではないと思います。続けるコツはありますか?

 

 美容業がおろそかになってしまってはいけない! と、アクセサリー制作をする際は自分ルールとして“2時間制度”を取り入れています。アクセサリーづくりでも、普段の生活にも、トータル2時間以内で物事を終わらせることを意識づける。このルールを取り入れているのでアクセサリーづくりを楽しく続けられます。

 始めたきっかけは、砂原(同店オーナー)のヘアメイク現場での話を聞いたことですね。ヘアメイクのお仕事は「ときには5分で仕上げる」など、スピード感を求められているので、限られた時間内で最高のものをつくる砂原の姿勢に感化されるようになったんです。

 この“2時間制度”はスタイリストになり始めのときでも、とても役立ちました。入客し始めた頃は、お客さまに時間をかけすぎてしまい、ほかのお客さまをお待たせすることもしばしば。「この時間内で最高のものつくる!」と意識することで、普段から時間を区切って行動する癖付けができるので集中力をキープしたままお仕事ができます。これはアクセサリーづくりと美容業、どちらも同じ熱量で取り組んできたからこそ身につけられたスキルかなと思っています。

 

 今はあくまでもお客さまへのプレゼントとしてお渡ししているアクセサリーですが、販売するのか、アレンジとセット売りしていくのか、今後のことはまだまだ模索中です。

 これからもお客さまの特別な一日をお手伝いするために、自分ができることを探していこうと思っています!

IMG_4188

 

誰でも簡単につくれる!

渡邊なつきさんが教えるDIYアクセサリーのつくり方は

月刊Ocappa201612月号に掲載しています!

 

詳しくはこちらをクリック

 

BeFunky Collageaa

渡邊なつきさんのInstagram:wata08015338869

watanabe instagram

 

 

 

この記事をシェアしよう!

この記事を読んだ方におすすめの記事

カテゴリーCATEGORIES
  • すべての記事
  • PR
  • その他
  • インタビュー
  • ヘアコラム
  • 健康
  • 取材
  • 経営
  • 連載
新着記事NEW ARRIVAL
  • タンガニーラ

    “白髪を活かしてオシャレを楽しむ”
    「グレイヘアー」という考え方

  • nextleader-podcast

    ネクストリーダーに聞く
    次世代経営者の新発想

  • amioroshi-kai

    オシャレな花嫁から絶大支持
    「日本編みおろし会」の正体

  

クリックするとQRコードが開きます!

友だち追加数