KAMISHOBO
KAMISHOBO

Kamishobo Webzine

【WEBZINE版】
お客さまケース別
リピートされるフィニッシュワーク(Vol.1 黒須光雄/蔦 tuta)

ヘアコラム

2018.01.30.Tue

数分でデザインのプロになろう (2)

『月刊Ocappa』2017年9月号企画がWEBZINE版となって再登場!

フィニッシュワークは、アシスタントでも実力をアピールできる貴重な機会。
ただかわいく仕上げて満足するだけではもったいない!
お客さまの信頼を勝ち取るためには、人それぞれのライフスタイル、
ヘアにかけられる時間と労力を見極めることが大切です。

再現性の高い提案で「また来たい」と思われる美容師を目指しましょう!

 


test名称未設定-1

【COMMENT】

パーマを提案するときこそ、フィニッシングも丁寧に伝授しよう!

「ズボラだし、巻くのも苦手!」なお客さまにはパーマが一番おすすめ。

でも、スタイリングの手間がかからないこと、乾かす具合やワックスの種類によってさまざまな質感をつくれることをきちんとお客さまに説明できなければ、パーマの魅力も半減。自宅でも真似できるよう、丁寧に説明すれば信頼度が高まります。

 


 

 17'0704_ocappa495_final

Profile

黒須光雄 | 蔦 tuta

くろすみつお/ 1985 年8 月11 日生まれ。栃木県出身。山野美容専門学校卒業後、都内1 店舗
を経て蔦 tuta オープニングに参加。現在、tuta project 全6 店舗の統括ディレクターを務める。

 

SPECIAL THANKS

hair design: Mitsuo Kurosu(tuta)
make-up: Maki Tsukamoto(tuta)
photo: Sohei Yanaoka

 

本企画を紙版でご覧になりたい方は、

『月刊Ocappa』2017年9月号をご購入ください。

Sorce: Ocappa 2017.9 (kamishobo)

この記事をシェアしよう!

この記事を読んだ方におすすめの記事

カテゴリーCATEGORIES
  • すべての記事
  • PR
  • その他
  • インタビュー
  • カウンセリング
  • ヘアケア
  • ヘアコラム
  • 健康
  • 取材
  • 専門技術
  • 経営
  • 連載
新着記事NEW ARRIVAL
  • 2

    お客さまのなりたい自分を引き出す『しゃべらないカウンセリング』でお客さまの本音を聴き出して売り上げアップ!
    関西編④京都・KUN KUN LU HOの場合

  • IMG_3031

    お客さまのなりたい自分を引き出す『しゃべらないカウンセリング』でお客さまの本音を聴き出して売り上げアップ!
    関西編③京都・ISAの場合

  • IMG_5782

    今さら聞けない毛髪科学の疑問を「カウンセリングで使える言葉」に!
    『美容師のケミ質問』に毛髪診断士・前田秀雄さんが解説★★

  

クリックするとQRコードが開きます!

友だち追加数