KAMISHOBO
KAMISHOBO

Kamishobo Webzine

店販をオシャレにラッピングしたら、お客さまが増える!? 増税前に試したい差別化戦略

取材

2019.04.02.Tue

0225_1186

「ラッピングをオシャレにしたら、お客さまが増えた」

女性美容師の皆さんであれば、この言葉だけでピンとくる、または納得していただけるかもしれません。

ラッピングは、サロンの店販に付加価値をプラスするだけでなく、他店との差別化、ブランディングに一役買う存在です。お客さまのInstagramの投稿から、新しいお客さまに自店を知ってもらうキッカケになることもあるでしょう。

大手小売り業がこぞってオリジナルの包装用紙をつくるのも納得できると同時に、サロンでももっと工夫ができることがあるのではないでしょうか。

10月に消費税10%を控え、店販キャンペーンを企画しているサロンも多いはず。今回髪書房WEBZINEでは、店販定番の500mlのシャンプー・トリートメントボトルをサロンで簡単に、安く、早くできるラッピングを紹介したいと思います。

「美容室、美容師さんならではのラッピングを!」とオリジナルの包み方を提案してくれたのは、この方。

宮岡宏会 さん

Profile:ラッピング教室toi et moi(株)代表。ラッピング講師歴18年。現在目黒区にてラッピング教室を運営する傍ら、企業のギフト用ペーパーデザインやラッピング方法などを監修する。著書に「大人かわいいラッピング」(主婦と生活社)、「かわいく包むアイデアラッピング」(玄光社)、「かんたん、かわいいナチュラルラッピング」(マイナビ)、「おしゃれなラッピングレッスン」(学研パブリッシング)、「ラッピングの教科書」(ナツメ社)などがある。

 

ラッピングで集客・リピート率アップを狙える!!

編集「かわいいラッピングは、いつの時代も女性の心をつかみますよね」

宮岡「ラッピングって、実は日本の文化なんですよ! だから、実は日本古来のしきたりに合わせたルールがあるのですが、私たちがカワイイ、オシャレなラッピングに惹かれる理由もそこにあるのかもしれません。今、アジア各国から日本のラッピング技術はすごく注目されているんですよ」

 

編集「“ラッピングのトレンド”というのは、あるのでしょうか」

宮岡「ワークショップの定番化やDIYのトレンドを受けて、自分がつくったものを人に贈るという流れがあります。せっかくだから自分で包みたいと考える方が多く、ラッピング需要は高まっていると感じています。小売店では、包装紙の見直しをしたり、ギフトシーズンには“自分で包む”というコンセプトのCMや冊子を制作した企業もありました。『ブランディングのためのラッピング』も注目されています」

 

編集「サロンで売っている美容室専売品も、もっとオシャレにかわいく包んでくれるなら、プレゼント需要にも応えられるのになと思うことがあります」

宮岡「オシャレ、かわいいラッピングは贈る側も、受け取る側もテンションがあがりますよね。シャンプーやトリートメントも、ラッピングすることで自分用だけでなくプレゼント用にと購入する方が増えるかもしれません。一番は、オシャレなラッピングはお店のブランディングにつながりますので、ぜひ今回ご紹介するオリジナルの包み方をマスターして欲しいですね!」

 

編集「オリジナルで包み方を提案していただきましたが、考慮していただいた点はあるのでしょうか」

宮岡「忙しい美容師さんでも続けられるように、短時間でできる包み方を考えました。包装紙をわざわざ買いに行かなくても手に入りやすいA3サイズのコピー用紙や、100円ショップのアイテムを使っています。ヘアゴムをリボン風に使用するのも“ならでは”かなと! 美容師さんは手先の器用さがあるのでその辺は心配していなかったのですが、続けることがラッピング・ブランディングでは大切なんですよ」

 

■店販商品をラッピングすると得られる効果■

①既存客が店販商品を買うキッカケになる

②既存客が店販商品をギフトとして購入→紹介・新規客につながる可能性がある

③お店のブランディングにつながる→リピート率アップ・集客につながる可能性がある

④インスタグラムなどのSNSでの拡散のキッカケ、お店を知ってもらうキッカケになる


今回宮岡さんが提案してくれた

美容室ならではのシャンプー・トリートメント ラッピングはこちら!

0225_1190

≪用意するもの≫

0225_1147

・A3コピー用紙

・英字新聞(100円均一ショップにて購入)

・ヘアゴム2色、各20cm程度(100円均一ショップにて購入)

(・500mlのシャンプー・トリートメントボトル)

・両面テープ

・お好きなシールまたはマスキングテープなど

 

≪プロセス≫

※A3のコピー用紙は、折り目が見えやすいよう、プロセス撮影時は茶色の紙を使用しました。

 

0225_1154

①500mlのボトルの底の直径に合わせて、A3の用紙を折る

 

 

0225_1167

②A3用紙の右端に両面テープをはり、サイドを立ち上げて折りこむ

 

 

0225_1170

③左サイドも同様に立ち上げて折りこむ

 

 

0225_1173

④向かって右サイドが上にくるように、左をベロ部分に差しこむ

※左が上になるとお悔みになってしまうので、必ず右を上に!

 

 

0225_1175

⑤ ②で貼った両面テープを貼り付ける

 

 

0225_1177

⑥余った上部分を1回折り曲げる

 

 

0225_1178

⑦ ⑥で折り曲げたところを一度開き、サイドを三角に折り曲げる

 

 

0225_1179

⑧シールやマスキングテープで留める

 

 

0225_1181

⑨2種類のゴムを重ね、両端でひと結び

 

 

0225_1183

⑩ゴムの輪部分をボトルにかけ、ゴムの下を開いてアレンジ。

※ゴムを開くことで、ボトルの落下をより防ぐことができます。

 

⑪英字新聞やお好きな紙を巻きつけて完成!

 


宮岡さんが代表を務めるtoi et moi(東京都目黒区原町1-16-12 メゾンアトリエ)では、短期集中型のラッピング教室も開催中♪

 

宮岡さんオリジナルの『ペーパークイリング メッセージカード』もチェック!

cado_top-724x1024


月刊『BOB』月刊『NEXT LEADER』5月号(4/1売り)、発売中!

 

photo : ただ(ゆかい)

この記事をシェアしよう!

この記事を読んだ方におすすめの記事

カテゴリーCATEGORIES
  • すべての記事
  • PR
  • その他
  • インタビュー
  • カウンセリング
  • ヘアケア
  • ヘアコラム
  • 健康
  • 取材
  • 専門技術
  • 店販
  • 経営
  • 連載
新着記事NEW ARRIVAL
  • 0055__94A1464

    環境整備で実現する美容室の「真の働き方改革」

  • HL2_7974

    悩める新人アシスタントさんへ!
    本屋さんがあなたにぴったりの本を教えてくれる『本の処方箋』に密着

  • 4

    なりたい自分を引き出す『しゃべらないカウンセリング』でお客さまの本音を聴き出して売り上げアップ!
    関東編③東京・calmeの場合

  

クリックするとQRコードが開きます!

友だち追加数