KAMISHOBO
KAMISHOBO

Kamishobo Webzine

お客さまのなりたい自分を引き出す『しゃべらないカウンセリング』でお客さまの本音を聴き出して売り上げアップ!
関西編③京都・ISAの場合

カウンセリング

2018.11.22.Thu

IMG_3031

 

単行本『しゃべらないカウンセリング』と、ニーズ診断アプリ「Impression」を使って成果を上げている美容師さん、サロンを紹介するシリーズです。

今回は、京都のISA京都駅前店店長・大平陽司さんにお話しを聞きました。

 


【インプレッション カウンセリング前】

 

――「インプレッション」を使うようになってから売り上げや客数などは変化しましたか?

平均客単価が102%くらいに上がりました最大で110%くらいアップしたときもあります。新規客の再来店率も上がっています。

カウンセリングしているときに「ツヤがほしい」という要望があれば、必然的にツヤを重視したカラーメニューをおすすめすることになります。これで3千円くらい単価がアップします。髪の傷みが気になるという方にはトリートメントメニューをおすすめします。いままでカラー&カットだったお客さまがワンランク上のカラーを選ぶとか、これ以外のメニューを追加しているといったケースが増えてきました。

 

――インプレッションカウンセリングの結果が、自分が思っていた結果と違うというような、お客さまからの不満はありましたか?

一度もないですね。普段から、ヘアスタイルの写真を見せながらカウンセリングするということはしていません。お客さまが持ってきた写真のヘアスタイルにしてほしいという注文だと、同じヘアスタイルにならないと不満になることがあります。インプレッションカウンセリングは、お客さまが思っている心を引き出すので、写真を見てカウンセリングしないのがいいところだと思います。スタイルブックを使わなくなりましたね。

 

――アプリを使ったとき、お客さまはどんな反応をしますか?

まずは、「アプリを使ったカウンセリングをさせていただきますが、少しだけお時間をいただいてもよろしいですか」と必ずお伝えします。ほとんどの方がアプリを使ってくれますが、なかには「今日は時間がないので」といって次回にまわすお客さまもいます。カウンセリングをしたお客さまに「こんな感じですよね」と言うと、「そうかも」、「そうです、そうです」、「心当たりがある」といった反応が返ってきます。服装をみればだいたいのタイプは予想できますが、言葉で説明するためには、それぞれのタイプごとのキーワードや説明を覚えておくようにしています。

 

――導き出されたワードの意味をお客さまに説明するのは、実は難しいことだと思いますが、どうやってお伝えしていますか?

それはウチのお店でも課題でした。お客さまが思っているロマンチックとボクが思っているロマンチックは、たぶん少し違いますよね。そこで、お店のスタッフでキーワードを書き出して共有するようにしています。「かわいい」ってどんな感じ? パーマはクルクルのイメージ? とか確認しています。スタッフ間でバラバラにならないようにしています。

 

――導き出されたイメージワードからヘアスタイルを創造するのも難しいと思うのですが?

これもウチのお店の課題で、スタッフ間で十分な共有ができていません。クオリティを上げるために勉強しているところです。ロマンチックってどういうスタイル? かわいいってどういうスタイル? と。ショートのかわいいもあるし、ロングのかわいいもあるし、そこをまとめていかないといけないと思っています。

 

――インプレッションカウンセリングを行うようになってから、お客さまとのコミュニケーションに変化はありますか?

キーワードがわかるとポイントを深く掘り下げることができます。単行本のタイトルは「しゃべらないカウンセリング」ですが、むしろ、このアプリを使うことでお客さまとの会話が多くなりました。これまでは、お客さまの本音を引き出すまでにさまざまなお話をしていたので、余計な時間がかかっていました。アプリのおかげでお客さまへの提案もしやすくなりました。

 

――アプリケーションを使うときに何か工夫していることはありますか?

成人式などで来店されたお客さまが、着物の色や顔立ちなどから、どんなメイク・色が似合うんだろうと悩むときがあります。そんな、メイクをするときのカウンセリングでも役立っています

また、就職活動をしているお客さまには、出来上がったスタイルの写真を残しておきませんか、とおすすめしています。お客さまがなりたかった自分の姿を写真に収めておけば、履歴書の写真に使えるからです。誕生日とか特別な日など“キレイ”を残したいといったお客さまにもおすすめしています。そのときは、友達のカメラマンに撮影を依頼して、ヘア・メイク・撮影をセットにして提供しています。ヘアスタイルに合わせた洋服を持参していただくので、撮影は後日行います。撮影を別の日に行えば、その間にカット、カラー、パーマといった施術を受けていただけるわけです。来店回数が増えますので、自然にコミュニケーションも深くなります。記念の1枚が残せたと、お客さまも大変よろこんでくれます。

 

ニーズ診断アプリ「Impression」でカウンセリング

ヘア、メイク、ファッションでなりたい自分を実現

 

【インプレッションカウンセリング結果】

        ↓               

      

 


 

サロン情報
ISA 京都駅前店
京都府京都市下京区七条通り烏丸西入る スターウィン1F

 

「インプレッション」カウンセリングとは!? ③

アプリケーションで行うカウンセリングを紹介します。

カウンセリングは全部で3つのカテゴリーに分かれています。

 

カテゴリ3:カウンセリング

 

最後のカウンセリングです。

表示された項目の中から「悩み」または「どうなりたいか」を3つ選びます。ここに示したものよりたくさんの項目があります。おすすめできるメニューのヒントが満載です。(スマートホンとタブレットでは、表示されるレイアウトに若干の相違があります。)

 

最後にカウンセリング結果をまとめた画面が表示されます。

総合表示画面は「関西編④」で紹介します。

 

【書籍とアプリケーションの紹介】

単行本:『しゃべらないカウンセリング -ニーズ診断アプリ「Impression」の使い方』(齋藤利衛門・著)

アプリケーション「Impression:株式会社ハイパーソフトが運営する「VCA Wallet」の中で提供しています。アプリのダウンロード情報は書籍で紹介しています。

ISA 京都駅前店

この記事をシェアしよう!

この記事を読んだ方におすすめの記事

カテゴリーCATEGORIES
  • すべての記事
  • PR
  • その他
  • インタビュー
  • カウンセリング
  • ヘアケア
  • ヘアコラム
  • 健康
  • 取材
  • 専門技術
  • 店販
  • 経営
  • 連載
新着記事NEW ARRIVAL
  • 1

    rooms39で感じるクリエイション動向 「自然への敬いと楽しさ、心地よさの共存」

  • A

    アレルギーで“グレイカラー”を諦めない方法

  • 1

    大事なお客さまががんになったとき あなたのサロンは支えられますか

  

クリックするとQRコードが開きます!

友だち追加数