KAMISHOBO
KAMISHOBO

Kamishobo Webzine

お客さまのなりたい自分を引き出す『しゃべらないカウンセリング』でお客さまの本音を聴き出して売り上げアップ!
関東編①埼玉・Blossomの場合

カウンセリング

2019.01.10.Thu

モデル② AFTER

単行本『しゃべらないカウンセリング』と、ニーズ診断アプリ「Impression」を使って成果を上げている美容師さん、サロンを紹介するシリーズです。

今回は、埼玉県朝霞市のBlossom朝霞台店 店長・石垣翔太さんにお話を聞きました。

 


【インプレッション カウンセリング前】

 

――「インプレッション」を使うようになってから売り上げや客数などは変化しましたか?

お客さまにプラスメニューの提案をするようになったので、客単価と店販売上がアップしました。特に客単価は約27%アップしました。サロン予約サイトからの新規客は再来しにくい、と言われていますが、新規客の再来率は20%くらいアップしました。これでも宣伝広告費はたいして使っていないんです。インプレッションカウンセリングは、ウチのお店にピッタリなツールです。

 

――「インプレッション」でカウンセリングを行ったお客さまの反応はどうですか?

「こんなに長い質問に答えたことはない」と言ったお客さまがいました。もちろんポジティブな意味です。これまでのカウンセリングでは深く聞いてもらえなかったので「ここまで聞いてくれるんですか」という反応です。これまで表現できなかったことが表現しやすかった、思っていても言えなかったことをくみ取ってもらえるようになった、といった前向きな感想がたくさんありました。

 

――ナチュラルやエレガントなどのワードからヘアスタイルを創造するのは難しいと思うのですが?

最初は苦戦しました。「インテリジェンス」といわれてもすぐに形にできませんでした。そこで、最初に印象の勉強をしました。前髪と顔周りの印象のつくりかたです。そのときから「ID(インプレッション・デザイン)カット」と名前を付けて、「顔周りのデザインにこだわります」というのを売りにしています。

勉強会では形と印象とフォルムのつくり方を勉強しています。最初の1年間は形と印象を勉強し、今はフォルムのつくり方を勉強しています。印象の勉強では『なぜか、失客しないヘアスタイルの決め方』(M.SLASH著・髪書房刊)を1年間使いましたがわかりやすくて、一番よい教本です。

 

――導き出されたワードの意味をお客さまに説明するのは、実は難しいことだと思いますが、どうやってお伝えしていますか?

アプリカウンセリングの結果やワードの意味をお客さまには説明していません。結果を参考にして提案を絞り込むこむために使っています。「こんな雰囲気がお好きですか」というように、カウンセリングのなかで利用しています。

 

――インプレッションカウンセリングを行うようになってから、お客さまとのコミュニケーションに変化はありましたか?

お客さまとの話題が増えて、コミュニケーションが円滑になりました。次回のヘアスタイル提案や次回予約もとりやすくなりました。また、提案したヘアスタイルやパーマ・カラーなども、提案したとおりに受け入れてくれるようになりました。そのためか、再来率も上がっています。会話の中身は、確実に世間話よりヘアスタイルに関する話の割合が増えています。こういうことも再来率や売り上げのアップにもつながっているのだと思います。

また、お客さまへの提案に弱気だったスタイリストが、しっかり提案するように変わりました。さらに、キャリアの浅いスタイリストは、どうしてもスタイルチェンジにためらいがあり、もっと切らなければならないところを長めに残してしまいがちです。中途半端な仕上がりという印象があったのが、しっかりと仕上がりのイメージができて、最終的な形を決められるようになりました。その理由は、カウンセリングの内容が深まり、お客さまとの摺合せがしっかりできているからです。お客さまの印象を理解して、設定したゴールが確実に見えているのだと思います。

 

――アプリケーションを使うときに何か工夫していることはありますか?

ウチのお店ではレセプションがインプレッションのカウンセリングを行っています。レセプションの担当者がインプレッションを行うことで、出てきた結果に合ったスタイリストをマッチングさせることができます。たとえば、ロマンティックのポイントが高いお客さまを、その要素が全くないスタイリストに担当させると、お客さまの思いを十分にくみ取ることができず、会話にすれ違いが生じてしまいます。女性のお客さまには“共感”が大切ですからね。レセプションを通さずに、スタイリストがインプレッションカウンセリングを行ってしまうと、後からそのお客さまに合ったスタイリストに交代するということはできません。それが、レセプションを挟むことによって解決できます。レセプションにコンシェルジュの機能を持たせた新しい取り組みです。

これ以外にも参考にしていることがあります。ネガティブな口コミがされているなというお客さまのインプレッション結果を見てみると、スタイリストの性格と合っていないということがわかります。お客さまとのコミュニケーションのズレから起こっているのだろうと判断したら、即、対応することができます。今までは理由がわかっていなかったことが見えるようになってきました。

 

ニーズ診断アプリ「Impression」でカウンセリング

ヘア、メイク、ファッションでなりたい自分を実現

 

【インプレッションカウンセリング結果 モデル①】

5

           ↓              

モデル① AFTER

モデル① AFTER

 

【インプレッションカウンセリング結果 モデル②】

7

            ↓ 

 

 


 

サロン情報
Blossom 朝霞台店
埼玉県朝霞市浜崎1-3-10 AX-1ビル3F

 


 

「インプレッション」カウンセリングの手順

  1.   14個の設問に順番に答えます。
  2. 「自分がどのように見られたいか」をワード群の中から選びます。
  3. 「悩み」「どうなりたいか」を項目群の中から選びます。

アプリケーションを使えば、それぞれの項目の結果を自動的に集計していきます。

詳しくは「関西編①~④」で紹介しています。

関西編① 100人増客、メニュー率・技術売上もアップ

関西編② 施術メニュー数が増えて単価アップ

関西編③ 平均客単価が最大で10%アップ

関西編④ 「ナチュラル」をヘアスタイルにしたらどうなるの

 

【書籍とアプリケーションの紹介】

単行本:『しゃべらないカウンセリング -ニーズ診断アプリ「Impression」の使い方』

(齋藤利衛門・著)

アプリケーション「Impression:株式会社ハイパーソフトが運営する「VCA Wallet」の中で提供しています。アプリのダウンロード情報は書籍で紹介しています。

Blossom 朝霞台店

この記事をシェアしよう!

この記事を読んだ方におすすめの記事

カテゴリーCATEGORIES
  • すべての記事
  • PR
  • その他
  • インタビュー
  • カウンセリング
  • ヘアケア
  • ヘアコラム
  • 健康
  • 取材
  • 専門技術
  • 経営
  • 連載
新着記事NEW ARRIVAL
  • topga

    クラウドファンディングで
    オンラインサロンを立ち上げた
    2代目・美容師の話

  • IMG_7034

    ウワサの新ヘアカラー剤『KPプラス』
    使ってみたら、こうでした!
    【vol.1 ALBUM 桑原大貴さん】

  • モデル② AFTER

    お客さまのなりたい自分を引き出す『しゃべらないカウンセリング』でお客さまの本音を聴き出して売り上げアップ!
    関東編①埼玉・Blossomの場合

  

クリックするとQRコードが開きます!

友だち追加数