KAMISHOBO
KAMISHOBO

Books

独立から2店舗目をめざす <br>サロン成長戦略会議

独立から2店舗目をめざす
サロン成長戦略会議

美容室経営に携わったときに一度はつまずく「財務・教育・集客」の疑問に、3人の美容室経営者が答える形式のサロンマネジメントの超入門書が登場。
人気の美容師向けオンラインサロン「NO LIMIT 独立から2店舗目を目指す 美容室経営戦略会議」を書籍化したモノ。
リアルな質問と、経験に基づく答えで構成される1問“3”答だから

“独立したものの、何から学び始めてよいかわからない”

“経営入門書やマネジメント誌はむずかしすぎる”

“デザインの勉強は得意だけど数字の話は5分で眠くなる”

“美容師目線のすぐ使えるハナシが聞きたい!”

そんな美容室経営者・幹部のみなさんにオススメです。

  • 2017年9月5日
  • NO LIMIT著

  • 四六判
  • 208ページ
  • 2,500円+税

『髪書房アプリ』で無料お試し版を配信中!

電子書籍が読める『髪書房アプリ』では、本書の試し読み版を配信中。

ちょっと気になるけど、中身をしっかり読んでから購入を決めたい方は

まずは、『髪書房アプリ』でちょい読みしてみましょう!

 

50ページ以上の大ボリューム試し読み版はこちら!

cover

NO LIMITとは?

2店舗目出店のノウハウを学ぶためのオンラインサロン「独立から2店舗目をめざす〔美容室経営戦略会議〕」の講師を務める若手経営者ユニット。

多店舗計恵はリスキー、労働集約型業態は非効率……。

そう考える人がフリーランスに転向したり、1店舗経営(1人独立)をしたりする人が増える昨今の動向に一石を投じる存在。

 

1

 

Profile(右から)

hair brace代表 鈴木淳也

すずきじゅんや/1976年千葉県生まれ。東洋理容美容専門学校卒業。(株)ブレイス代表。2010年にhair braceを12名でスタート。人材育成に最注力する方針で、求人広告費0円で社員39名までに増員。メンズオンリーサロンやアイラッシュサロンなども展開し、hair brace店舗売上も月間1800万円を達成するほどに成長。現在3店舗経営。月間指名300名をめざす「美容師塾」塾長も務める。

ブログ/http://www.brace-suzuki.com/

 

GULGUL代表 大河内隆広

おおこうちたかひろ/1978年東京都生まれ。国際理容美容専門学校卒業。(株)GULGUL、(株)ケイズクリエイション代表。独立後、決算書も読めない財務知識の薄さに危機感を覚えたため、400万円以上投資して学び、独自の「美容室専門財務戦略」を構築。年商7000万円の美容室のM&Aに成功。専門家を介さず交渉にあたり、その会社を1万円で取得する。現在6店舗経営。

ブログ/http://www.t-okouchi.com/

 

ALIVE代表 西川礼一

にしかわれいいち/1982年高知県生まれ。グラムール美容専門学校卒業。(株)ALIVE代表。表参道・原宿の美容室激戦区において、2012年の独立から2年半で2店舗目をオープンした経営手腕に注目が集まる。ポータルサイトを使った新規集客を得意とする。「新規集客は人材育成の近道」を軸に、新卒入社2年目で技術売上230万年を超えるスタッフを育成する。現在2店舗経営。

ブログ/http://alive-hair.com/reiichinishikawa/

「独立から2店舗目をめざす〔美容室経営戦略会議〕」とは?

NO LIMITが講師を務め、オンラインを中心とした交流を通して経営ノウハウを参加者に教示。

これまでの経営書はむずかしすぎると感じる人、経営セミナーでは聞けないような等身大でリアルな悩みが解決できると、700名を超える参加者が集まっている。

 

「NO LIMIT」本文-11

 

だからわかりやすい★POINT 1
一度はつまずく、でも「今さら聞けない」Q&Aで構成されている!

Q&A

 

NO LIMITの交流の中で寄せられた「リアル」な悩みを20問ピックアップ。

一度はつまずく、でもセミナーなどで今さら聞きづらい「財務・教育・集客」の質問にそれぞれの経験や失敗を元に等身大の解説をしていきます。

 

「NO LIMIT」本文-19

 

「NO LIMIT」本文-20

だからわかりやすい★POINT2
新米経営者のサクセスストーリーを軸に展開するから一気に読み切れる!

「NO LIMIT」本文-5

 

オープン2年目の新米経営者が、財務・教育・集客につまずくたびに、NO LIMITの面々にアドバイスをもらいつつ経営の勉強をしていくフィクションのストーリー仕立て。

経営入門書がむずかしすぎて、最後まで読み切ったことがない人も、まずはストーリーだけでも一気読みしてみて!