KAMISHOBO
KAMISHOBO

Current

Order

この書籍を購入する

月刊BOB 2018年6月号

勝ち抜け! Web集客時代

失客しない人がやっていること

どれだけ新規集客してもリピートしてもらえなければその努力は水の泡。
伸び悩み美容師が増えている要因はここにある。
一般的に新規3 回来店=顧客化と捉える中で、売れている美容師は常に高いリピート率を誇り、客数アップにつなげている。
技術はもちろん、提案力、顧客対応力、カウンセリング力など、
他の美容師と何が違うのか?
どんな失客対策をしているのか?
リピート率低下が進むWeb 集客時代だからこそ勝ち抜くための対策を考える!

別冊

【別冊付録】 ILLUMINA COLOR スタイルBOOK

イルミナカラーのスタイルに加え、105名のイルミナカラーで1年以上カラーしているお客さまにイルミナカラーの魅力も調査。
最旬ヘアカラーを知ることができるのはもちろん、お客がカラーに求めることもわかる一冊。

  • Contents1

    FLOW

    ヘアやトレンドに流れがあるように、
    自分にも流れがあって、
    その時の気分や気持ちを形にしたい。
    今は自分の原点の欠片のようなもので遊びたい、
    そんな気分。

    柳 亜矢子(broocH)

  • Contents2

    【連載】
    今月のBOB

    ボブはシンプルでベーシックなスタイルだからこそ、その人が日頃
    デザインで“大切にしているもの”が現れる――。
    サロンの現場をリードする旬の3 人が提案するボブも三者三様に。
    ボブには“らしさ”が映し出される。

    高木貴雄(vetica)
    SAKIE(THE OVERSEA)
    MIYOKO(DaB)

  • Contents3

    【特集】
    失客しない人がやっていること

  • Contents4

    【特集】
    “1 カ月先まで予約の取れない”美容師に聞いた!
    「リピートする人、しない人」

    〝予約が取れない美容師〞に聞いた、お客を離さないための極意。
    そこには、小手先のテクニックや戦略以上に大切な想いがある。

    “30 代までに、一人ひとりのお客さまといかに長く付き合えるのかが分かれ道。“
    岡村享央(MINX)

    “僕が10 代の頃は、何も言えないやつでした。「どう?」って聞かれて、「イイ感じです!」って答えるくせに速攻トイレで直すような(笑)。だから僕は言いやすい美容師でいたい。”
    髙木琢也(OCEAN TOKYO)

  • Contents5

    【特集】
    失客しない人がやっていること

    飽きないパーマと“図々しい”イメチェン提案
    二階堂 雪(Rougy)
    リピート客が絶えない500万スタイリストの“おもてなし接客”
    丹羽郁恵(a tree)
    潜在希望を引き出すカウンセリングでリピート率が2倍に
    玉井友香(Bonheur)
    集客サイトでも新規3回再来率が5割を切らない“美髪の達人”
    伊東 賢(Belliy)

  • Contents6

    【特集】
    リピート率が高い人のカルテ

    リピート率が高い人のカルテは、一味違う。“技術内容の覚え書き”はもちろん大切だが、お客のニーズを探り、喜ばせるための“信頼関係を築くための活用”ができている。
    6サロン6スタイリストのカルテを紹介。
    実際に使用しているリアルなカルテからその人のノウハウを探り、
    明日から真似できるようにまとめました!

  • Contents7

    【連載】
    読者アンケートを始めます

    4月号の女性美容師特集でアンケートを実施したところ、反響が大きく、たくさんのリアルな意見が集まりました。
    編集部が力不足で辿り着けない、美容師さんの意見をもっと知るべきだなと思いました。
    そこで、読者アンケートを始めます。
    2,3分で終わるものですので、軽い気持ちで、ぽちっと答えていただけると嬉しいです。
    ★堀道広さんの4コマ、「美容師あるある」のお題も一緒に募集中です★

    ご回答はこちら→https://goo.gl/9mxZhJ

©KAMISHOBO