KAMISHOBO
KAMISHOBO

Current

Order

この書籍を購入する

月刊BOB 2019年2月号

はじめよう、年間計画

「一年の計は元旦にあり」とは言うものの、年間計画と聞くと、面倒だと感じてしまう人も多いはず。でも、自分の人生設計から逆算して目標設定を行えば、それは必ず1年間の自己成長の拠り所となります。マラソンで言えばペースランナーのような存在。やみくもに走るより、計画的に走るためにーー。閑散期の1 ~2月は年間計画づくりに絶好の機会。さあ、はじめましょう!

  • Contents1

    【連載】  キュレーテッド・バイ

    オールタイムベストから最近のお気に入りまで、人気美容師が、自身のセンスを形成するアイテムを厳選して紹介!

    内田聡一郎(LECO)

  • Contents2

    【連載】  今月のBOB

    ボブはシンプルでベーシックなスタイルだからこそ、その人が日頃
    デザインで“大切にしているもの”が現れる――。
    サロンの現場をリードする旬の3 人が提案するボブも三者三様に。
    ボブには“らしさ”が映し出される。

    才田とおる(いつくし)
    米澤香央里(SYAN)
    原 博人(SiSTA)

  • Contents3

    We are STUDY CLUB

    ギークに撫でつけたボブ。微妙な高さからの野暮ったいお下げ。編み込んだ後に揉んでつくった後れ毛の遊び。くせ毛を無理に撫でつけたような七三は、毛先のボリュームがリーゼントのようでやんちゃな印象だ。4 人それぞれのキャラクターが見えるような、そんなヘア。

    ヘアでシーンをつくるから細部に宿るメッセージ

    飯田尚士(belle)

  • Contents4

    【特集】 はじめよう、年間計画

    INTRODUCTION
    10STEPで解説! 年間計画のつくり方
    監修:伊藤 豊(ラポットカンパニー)
    中上拓也(S+D isms…)

    CASE STUDY
    “カットの見直し”で成長を遂げた
    売れっ子店長のストレッチプラン
    /浅沼雄元(Violet)

    安定するには成長が要る
    ちゃんと休んで売れる2018年!
    /稲越夕貴(PROGRESS)

    長所を伸ばす作戦で
    単価と次回予約率アップ
    /二木なつこ(AIRFLOW WITH THE GARDEN)

    PRACTICE
    年間計画、書いてみました!

  • Contents5

    【第二特集】 今どきレイヤーのつくり方

    “ 切りっぱなし”ブームは過ぎ去り、お客から聞こえる「軽くしたい」「動きが欲しい」の声。そのニーズにスタイリングでごまかさず、きちんとカットで応えられてる?


    SAKURA(Cocoon)

  • Contents6

    【連載】 MENS HAIR NEXT DESIGN SAMPLE

    男性にもっとヘアを楽しんでほしい。
    そのために選択肢を広げたい。
    新たな男性像を、気鋭のスタイリストが提案するネクストデザイン。
    メンズヘアはまだ、可能性を秘めている。

    肥沼未帆、西村光太郎(Double)/鈴木成治(LOAVE AOYAMA)/内埜晃宏(KHAKI)/峰田大暉(OCEAN TOKYO WHITE)/内藤隆介(Liike)

  • Contents7

    【連載】 新世代ヘアクリエイター

    Ocappaの人気連載がパワーアップしてBOBにお引越し!リニューアル後も継続します!
    デザインが上手い。技術力がある。そんな編集部注目の若手クリエイターを紹介。
    彼らの生み出すデザインが次代を切り拓く突破口となる!

    佐々木由香(Nico)

  • Contents8

    【連載】 日本全国 売れてる美容師を探せ!

    全国各地の伸び盛りなスタイリストを紹介する新連載。
    第10回目は、仙台の女性から絶大な支持を得ている美容師が登場。
    指示される秘密は、”なんとなく”を嫌う姿勢、そして常識から考えると少し変わったサロンワークにあった!?

    吉見光史(Lita)

©KAMISHOBO