KAMISHOBO
KAMISHOBO

Current

Order

この書籍を購入する

月刊BOB 2020年10月号

効率も信頼もどっちもアゲる

タイムパフォーマンスが新基準

「売り上げ」から時間生産性を軸とした「タイムパフォーマンス」へ。
コロナによってお客のサロン滞在時間が短くなり、美容師の働き方も変わらざるを得ない、ニューノーマル時代の新たな指標です。
めざすは「短い時間で効率よく稼ぐ」スタイリスト。
技術やオペレーションのスピードアップで効率をアゲ、顧客との深い絆で信頼感をアゲる。新しい未来のための働き方を模索していきます!


【タイムパフォーマンスの計算式】
技術売上 ÷ (労働時間 × 人数)

  • Contents1

    次世代美容師タイムパフォーマンス会議

    時代が変わり、働き方が変わり、コロナが起こって・・・。
    美容師を取り巻く環境が変わっている中、90年代生まれの次世代美容師たちはどんなことを考えている?

    ATSUTOSHI (GARTE)
    SHIHO (Je suis heureuse tokyo MINEL)
    中村雄樹 (REDEAL)
    MANAE (Violet)
    RYUSEI (Beleza)

  • Contents2

    チームで上げるタイムパフォーマンス

    AFLOAT伊輪宣幸さんは1年間で1憶という破格の売り上げを誇る。
    なぜそんな大きな数字を残せるのか?それはアシスタントを含めた6名のチーム制による‟任せきる”分業スタイル。伊輪さんからは一切指示を出さないという「チーム伊輪」のオペレーションに迫ります。

    伊輪宣幸(AFLOAT)

  • Contents3

    ‟ママ”も‟クリエーション”も全力で楽しむ美容師ライフ

    多数の受賞歴を持つ薬師神祐美さんは現在、2人のお子さんを育てるママ美容師として、月5日のみサロンワークを行っています。時短勤務ながらクリエーションへの熱い思いも途切れることのない、薬師神さんの作品撮影の様子をご紹介します!

    薬師神祐美(AR hair)

  • Contents4

    超・プレイングオーナーの公私両立術

    サロンワークは朝から晩までフル稼働。休日は連絡を一切遮断して家族とアウトドアを楽しむ。sign hairの大石健太さんのメリハリのついた働き方をご紹介します。

    大石健太(sign hair)

  • Contents5

    ヘアデザイナーとして。経営者として。休息がもたらした新たな視点

    オーナースタイリストとして自分の城を持つ安齋由美さん。多忙な働き方から少し、ゆとりを持つようになったのは体調の変化。1カ月の休みを経て生まれた、‟心地よい”働き方とは?

    安齋由美(CHAUSSE-PIED EN LAITON)


  • Contents6

    【新連載】ぼくたち・私たちの2‟タイパ”ストーリー

    働くエリアも、ライフステージも、キャリアも異なる3人の美容師が「タイムパフォーマンス向上」に挑戦。隔月連載で、その取り組みについて密着していきます!

    中村光太(ungrid)
    中嶋亜実(powder hair)
    石垣友亜(FLEX LION)

  • Contents7

    【連載】新世代ヘアクリエイター

    デザインが上手い。
    技術力がある。
    編集部注目の若手を紹介する本連載。
    彼らの生み出すデザインが
    次代を切り拓く突破口となる。

    平尾奈々瀬(d’Or riz)

©KAMISHOBO