KAMISHOBO
KAMISHOBO

Current

Order

この書籍を購入する

月刊BOB 2018年3月号

集客・リピート 2018年のヒント

なぜ、あの人は最高売上を出せたのか

12月個人売上は1年間の集大成であり、翌年の自己成長を占う指標。
年末に予約を詰め込んで失客しては意味がないなど、否定的な声も聞かれるが、責任の所在がはっきりしている個人売上の数字は、やはりモチベーションアップの原動力であることに変わりないはず。
あの人は最高売上を出せたのか? どんな取り組みをしたのか?
全国各地から届いた“2018年のヒント”をお届け!

  • Contents1

    髪と人
    史上最高のロマンティック

    好きなことを、とことんやり切ろう。楽しめば、何でも上手くいくはず。
    今一番かわいいと思う「ロマンティック」を、ここに。

    薫森正義(Rougy)

  • Contents2

    【第1特集】PART1
    売り上げとクリエイティブの更新しあう関係

    クリエイティブに取り組み続け、売り上げも更新し続ける人がいる。
    美容師として成長を止めないために、必要なものがそこにあった。

    金谷二郎(snob)
    玉置明日香(snob)

  • Contents3

    【第1特集】PART2
    最高売上チャレンジリポート

    最高売上に挑み続ける理由は何か。
    最高売上を達成するための作戦は何か。
    達成した人も、達成しなかった人も。最前線をドキュメンタリーでお届け!

    綿密な年間計画! 607万円達成/小林 忠(Granmash)
    信頼で成長! 489万円達成/KAORI(SCREEN)
    ミセスに効くサロンワーク! 627万円達成/長門政和(air)

  • Contents4

    【第1特集】PART3
    1フォロワー1円美容師、1000万円への挑戦

    フォロワー数で値段が変わる美容室がオープン。
    カット料金は1万円。
    フォロワー1万人以上のお客には、フォロワー数×1円を支払う!
    誰も見たことのない手法で12月の売り上げ1000万円に挑む。
    その一部始終を密着リポート!

    金井 亮(フォロワー数で値段が変わる美容室)

  • Contents5

    【第1特集】PART4
    全国サロン発!
    私はコレで最高売上達成しました!!

    全国から届いた、最高売上・更新レポート!
    早い人は6月から、遅くとも10月にはみな準備をし始めた、その理由とは。
    今の時代だからこそ、最高売上に挑戦した18人を追う。

  • Contents6

    【第2特集】
    世界と日本のカット料金

    個性的な料金を設定する美容師が増加する一方、低価格サロンも改めて支持が強くなっている日本。
    サスーンを生んだロンドン、急成長する新興国……カット技術の値段はどうなっているのだろうか。
    各地のカット料金や、日本のカット料金の変化をリサーチ。

  • Contents7

    【第2特集】
    今、カット料金を考える

    大幅な料金改定をするサロンが増えている。
    理由は実にさまざまだが、美容価値の捉え方が多様化していることは間違いなさそうだ。
    賛否両論あると思うが、伝えたいのは時流の変化。
    N . Y . のセレブリティ美容師、テッド・ギブソン氏の独占インタビューとともに、ワールドワイドな視点からカット料金を考える。

    Ted Gibson……1,500ドル
    柳本 剛(Lily)……5万4,000円
    中村トメ吉(OCEAN TOKYO)……1万2,000円
    小林Ken(ASSORT)……2万円

  • Contents8

    【新連載】
    フィニッシュワーク〇×の教科書

    お客への自己アピールの場として、SNSにあげるヘアデザインは名刺代わり。
    目を引き、留めるデザインが求められている。正解がなく、時代の流れによってトレンドが変わる
    フィニッシュワーク。だからこそ、良し・悪しを見極める目を養う必要がある。

    飯田尚士(Belle)

©KAMISHOBO