KAMISHOBO
KAMISHOBO

Books

お申し込みはこちらの用紙に必要事項をご記入のうえ、
お取引ディーラーにお渡しください。

100万レイヤー+60万の仕組み <br>―160万スタイリストが続々育つロングヘア戦略―

技術を商品化し、人が残る

100万レイヤー+60万の仕組み
―160万スタイリストが続々育つロングヘア戦略―

「たった1人のスーパープレイヤーより、160万スタイリストでつくるチームこそ最強」
そう断言するのは、自身も800万プレイヤーとして20代を駆け抜け、タレント・著名人のヘアメイクや商品開発の仕事に奔走してきたU-REALM 高木裕介氏。
独立し、ぶつかった壁は「人が辞めていく……」
8人まで減った社員数をわずか7年で100名、11店舗までV字回復させたのは、華やかなキャリアを捨てる覚悟と、自身の技術や感性を「商品化」することに成功したからだった。

× 美容師たるものリーダーは技術で引っ張れ!
× 「僕にしかできない技術」こそ美容師の価値
× ロングヘアの仕上げって感覚なので練習は不要
× というかロング客が増えると儲からない

そんな、美容業界の固定観念を疑い、改善し「職人であり仕事人である美容の仕事」に進化させていく人づくりとは?

100万の壁を超えるための技術のパッケージと、U-REALMのロングヘア戦略に激動の時代を生き残る「常識破りのサロンワーク戦略」を学べ!

  • 2018年8月31日
  • 高木裕介(U-REALM)著

  • B5判
  • 176ページ
  • 本体価格 3,900円+税
  • 9784908697180

2店舗8人から、7年で11店舗100名へ
V字回復を実現した「技術」と「教育」を大公開

016-029_INTRODUCTION-2

016-029_INTRODUCTION-3

表参道、銀座、渋谷など激戦区で業績を伸ばし、一般誌やTV取材、ヘアメイクとして活躍するスタイリストを有するブランドサロンでありながら、人が辞めないための「働き方改革」にも早くから着手してきたU-REALM。

「誰一人淘汰せず、チーム戦で戦う」

「1人の300万プレイヤーよりもたくさんの150万スタイリスト」

という高木さんのコンセプトは 、集客・求人難の今、“全員が輝く美容室”になるためのヒントが満載です。

売上100万円と150万円の差は“教育”にあり
アシスタントが辞めず人が育つU-REALMの仕組みを公開

016-029_INTRODUCTION-4

030-081_PART1-Int1-1

030-081_PART1-Int1-2

 

「売上100万円までは、スタイリスト本人の力だけでなんとかつくることができます。ですが、150万円をめざすにはアシスタントの協力が不可欠です」

高木さんが考える150万スタイリストの条件は“自分のお客さまのように一生懸命接してくれるアシスタント”がついてくれること。つまりそれは、アシスタント教育にしっかり向き合うか否かが売れる人とそうでない人の差になると考えています。

この本では『+60万の仕組み』として、アシスタントがイキイキと働き、スタイリストが熱心に教育したくなる会社づくりのヒミツを公開しています。

大量集客時代に新規リピート率90%!
高木さんのセンスを商品化した「必ずリピートする肩下ベーシック」

082-145_PART2-Int2-1

082-145_PART2-Int2-2

082-145_PART2-Int2-11

PART2では、まずは自力で100万円達成するために必要な肩下カットの新ベーシックを本書で初公開しています。

一般誌の表紙やファッションページ、タレントの専属ヘアメイクとしても活躍した高木さん。そのセンスや技術に支持が集まり、サロンワークでも月間500万円をコンスタントに売り上げ、大量集客時代にありながら新規リピート率は90を誇っていました。

そのヒミツは“誰もが必ずかわいくなるカット”にありました。

髪をやわらかく見せ、扱いやすくする独特のレイヤーカット。これを、スタッフの誰もができる技術に整理して、新しい肩下ベーシックとして体系化したものをU-REALMでは営業レイヤーと呼んでいます。これを習得すれば『まずは自力で100万円の壁を超えられる=100万レイヤー』と銘打ち、一般的な肩下レイヤーとの違いを解説しています。