KAMISHOBO
KAMISHOBO

Backnumber

月刊NEXT LEADER 2020年6月号

美容室のリスクマネジメント

新型コロナウイルスの爆発的な感染拡大による美容室の打撃。その影響は一時的な売上ダウンに止まらず、長期間の休業など苦渋の決断をしたサロンも続出した。月刊誌という性格上、速報性はウェブ媒体に委ねる部分が大きいが、今回の事態を受け「美容室経営に起こりうる経営リスク」を改めて検証。有事に際して迅速に行動し、被害を最小限に食い止めるための方策を考える。


****************************
緊急対応! 
3カ月限定 Kindle版『月刊NEXT LEADER』発刊のお知らせ

新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大に伴い、美容室経営が苦境に立たされています。
店長、幹部、経営者を対象としたサロン会員専門誌『月刊NEXT LEADER』では、そんな皆さんを応援するために、助成金の種類や申請方法をはじめとしたコロナ対策を6月号(5月1日発売)から8月号(7月1日発売)まで3号連続(予定)で特集します。
そして、この3号に限り皆さんがスマホ等でご覧いただけるよう電子書籍化をいたします。会員サロンの方でなくても特別にご覧になれます。どうぞサロン経営を維持するためにお役立てください。

※『月刊NEXT LEADER』は会員専門誌です。印刷版の『月刊NEXT LEADER』の購読には会員登録が必要です。入会金20,000円(税別/法人会員)、年会費、更新料はいっさいありません。すでに経営者が入会されている会員サロンのスタッフは、いつでもご購読できます。
URLは下記の通り
▼月刊NEXT LEADER 2020年6月号
https://amzn.to/3dK12KP
*****************************


特集
美容室のリスクマネジメント


Introduction
美容室経営のリスクと対策を考える


Case1
対応は臨機応変に
体制は万全に
アルテサロンホールディングス(神奈川県横浜市)


Case2
リスクの多さを強さに変える
RIBIAS(大阪府大阪市)


Case3
キャッシュの備えこそ
すべてのリスク対策に通ず
GULGUL(東京都葛飾区)


Guidance1
キャッシュを手元に残すための
財務マネジメント
監修◎白戸幸司(MERC HAIR)


Guidance2
正しい労務管理が
サロンを守る
監修◎江崎幸富美(rirehigh 社会保険労務士法人)

Guidance3
“クレーム対応”が得意になれば
サロンは必ず向上する
監修◎谷 厚志(クレーム・コンサルタント)



【連載】
組織を動かす言葉の力 第3回
本多義久(KENJE)


伊藤 豊のイキイキ店長講座
伊藤 豊/ラポットカンパニー



  • Contents1

    美容室経営のリスクと対策を考える

    美容室で起こるリスクは多岐にわたるが、まずは対策の前に起こりうるリスクを洗い出し、その上で「重要度」と「頻度」に分けることが必要だ。リスクは「低減」「回避」「移転」「保有」の4つの対策案がある。自社のリスク洗い出しとともに本誌のリスク分布図をチェックしよう。

  • Contents2

    対応は臨機応変に 体制は万全に

    全国に300店舗あまり、2800名ものスタッフを擁するアルテサロンホールディングス。同社では本部に「リスク管理委員会」を設置し、ガイドラインの設定や災害への備えなどを行っている。また全国展開する同社の新型コロナ対策も紹介(4月中旬時点での対策)。

  • Contents3

    リスクの多さを強さに変える

    25都道府県に253店舗を展開するリビアスでは、店舗で起こるさまざまな事例を拾い上げ、対応をマニュアル化している。63ページにもわたる同社の「危機管理マニュアル」はクレーム管理から天災、金銭トラブルまで網羅。ここまで落とし込みがされているのは、本部と現場の密な「報・連・相システム」にあった。

  • Contents4

    キャッシュを手元に残すための財務マネジメント

    2019年1〜10月の美容室倒産件数は92件と前年比より3割増。原因は販売不振や運転資金の欠乏などが9割を占めた。さらにコロナ禍によって資金繰りの困難に直面している経営者も多いだろう。こうした非常時に必要なのは資金確保と経費削減。12カ月の財務シュミレーション例も紹介しているので、自社の状況と照らし合わせてみよう。

  • Contents5

    正しい労務管理がサロンを守る

    「働き方改革」が進み、ブラック企業に対する世間の目も厳しくなってきた。ずさんな労務管理をしていたせいで退職したスタッフが多額の未払い残業代請求される案件も増えているが、サロンの内側からのリスクは防げるはずのものだ。労務管理は唯一にして最大の防御。「労務管理の見直しポイント」とともに自社の振り返りを行おう。

©KAMISHOBO