KAMISHOBO
KAMISHOBO

Next Issue

月刊 NEXT LEADER 2021年5月号

2021年4月1日発売

DX、外注化、理念教育 Z世代はこう育てる!

教育産業と言われる美容業界だが、その教育のあり方がコロナ禍で加速度的に変化している。
これまでは「早期育成」「実践教育」「主体性の向上」など、カリキュラムの仕組みや内容が議論されてきたが、コロナ禍で加速したデジタル化や外注化など、これまでのあり方を飛び越えつつある状況だ。
受け手はZ世代と呼ばれる若手スタッフ。
サロン成長の根幹となる教育の最前線を取材する。

©KAMISHOBO

Next Issue

月刊 NEXT LEADER 2021年4月号

2021年3月1日発売

店販の習慣化

美容室の店販において高額な美容機器やコスメが売れている。
しかし、高額な商品やSNS発信の流行アイテムだけに頼っていてはサロンに店販風土は育たない。
大切なのは美容室での購入行動を“生活習慣”にしてもらうこと。
こうした背景にあって、コロナ禍で加速したECは店販を習慣化する手段となり得るのか?
さまざまな角度から新たなフェーズに入ったサロン店販を深掘りする。

©KAMISHOBO

Next Issue

月刊 NEXT LEADER 2021年2月号

2021年1月1日発売

2021年もクセ毛・エイジング毛ビジネス

コロナ禍においても“髪質改善”メニューは絶好調。また、巣ごもり美容として高額なホームケア商品も売れている。これらはすべて消費者のs「素材重視」の傾向を表していると言えるだろう。
ターゲットもクセ毛やエイジング毛に悩む大人女性から、ブリーチやアイロンでダメージが蓄積した若年層までと幅広く、高単価かつ安定した来店周期が期待できる。2021年も存在感を増しつつ多様化が進む「クセ毛・エイジング毛ビジネス」の成功事例をお届けする。

©KAMISHOBO

Next Issue

月刊NEXT LEADER 2021年1月号

2020年12月1日発売

特集 85世代が美容業界を変える

小誌特集にて「85世代が東京を変える」と 銘打った企画を行ってから早2年。
1985年前後に生まれた世代の経営者は全国規模で広がり、その成長スピードには目を見張るものがある。
この世代の共通点としてまず挙げられるのが「スタッフファースト」の 姿勢。
彼らは美容ビジネスにどんな未 来を描いているのか?
従来とは異なる発想と手法に迫る 。

©KAMISHOBO